アセタルクラスプの作り方|新小岩駅 審美歯科 早川歯科医院

アセタルクラスプの作り方


入れ歯の金属のバネが目立っていやだという人はたくさんいます。

そのような場合にはアセタルクラスプがおすすめです。
キャステングワックスでバネの形を作り、石膏で埋没します。




メーカーの指示ではシリコンパテを使うようになっていますが、石膏を使った
ほうが確実に、又、シャープにできます。
お湯の中でワックスを溶かしアセタルを軟化してガンで押し出します。



レジンや金属のように収縮しないため石膏面に密着しています。


 




以前から金属の色をなんとかして白くしたいと思っていたので、これが4年ぐらい
前に発売になった時すぐに購入しました。

今まで相当な数をやりましたが、その感想を述べます。

強度はメーカーが言ってる程はないようです。ケースにもよりますが一応、3年
ぐらい持つと言っていいでしょう。
又、多少の着色もあります。

そうは言っても金属の色が見えるよりははるかにいいと思う。メガネだって自分
の場合は2年ぐらいでレンズに傷がついたり、ゆがんだりして買い換えるし、年も取
ると3つも4つも持っているし、入れ歯の場合はもっと使用条件が悪いのだから
しょうがないのかなとも思えます。

強度を考えて少し太めに作るので思ったより目立つという患者さんもいます。

早川歯科は入れ歯の患者さんが多いのですが、今までこのアセタルクラスプを使用した
入れ歯を見たことがありません。
これはどういうことなのかと言うと作り方が難しいということです。
普通のバネは曲げたり、削ったりして調整しますが、この素材は調整しないで一発で入
れなければならないからです。

1度やってみたらこりごりだということだと思う。
でも、うまく出来た場合には入れたときパチーンと音がして入ります。
特におすすめなのが歯周病で1,2本歯が抜けた場合です。

このような患者さんは歯を抜いて金属の見える入れ歯になるということにずーと恐怖
感をもっているので、入れ歯になってもあまり目立たないということでこのアセタルクラ
スプをおすすめします。

       
         新小岩 早川歯科


葛飾区で審美歯科に関するご質問はお気軽に

審美歯科ご相談フォーム

審美歯科に関するご質問は下記フォームからお気軽にお問い合わせください。どのような内容にも分りやすくお答えします。1度来院されてお口の中を見せていただければ、より詳しいご説明もできますので、定期検診を兼ねてご相談ください。ご予約の際「審美のホームページ見た」とお伝えいただければスムーズにご案内できます。

お名前*

メールアドレス*

ご質問内容

ブログ監修:院長/早川 康明
運営サイト:入れ歯専門サイト
運営医院:歯科治療全般のことなら

診療時間/曜日
10:00~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

:土曜の午後診療は13:30~15:00となります
×:休診日は木・日・祝日です

医院マップ

〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1-44-3
TEL:03-3655-0301

▲ トップページに戻る