保険の総入れ歯 作り方の工夫|新小岩駅 審美歯科 早川歯科医院

保険の総入れ歯 作り方の工夫


保険の入れ歯の印象は、アルジネートで取る場合が多いと思うが、アルジネート一発の印象では完成義歯がどのようになるかは明白です。

そこで、時間や手間をかけずに保険でもいい入れ歯を作る工夫です。

トレーレジンやオストロンで咬合床を作り、咬合採得時に床の内面にフィットチェッカーを盛って噛んでもらうのです。つまり咬座印象です。

その印象に石膏を流してから、咬合器に付けます。

もう一回、試適時に同じことをやることもできます。その場合は完成蠟義歯を作っておき、それを埋没するのです。

フィットチェッカーを印象材として使えるのでは、と思ったのが20年位前で、おそらく、どこかに同じことをやっている歯医者がいるかもしれない、と思っていたら丸森賢二先生の「総義歯の臨床」に載っていたのにビックリした。

アルジネートはアルジエースを35年間とアローマを使っているが、一発では無理。

ダメでも、うまく使えばひょっとして、と可能性をさぐっていたがもうんざりしてきた。

アルジネート印象材はイボクラのビバールがいい、国産とは全然違う。

いずれのアルジネートもやわらかく圧をくわえないように34度から36度の水で練っている。

室温を考慮しながら、水に入れた自分の左手が熱さを決める。そば打ち職人と同じ。

口に入れてから5秒から10秒で硬化し始めたら、ころあいをみて手を離す。

そのまま硬化完了まで、祈る気持ちでじっと待つ。

20秒以内に外せれば成功。

普通は、すぐ固まらないため印象材が垂れて、隙間ができているのに気がつかない。

垂れないようにかたく練ると、顎堤に圧が加わっているため、できた入れ歯があたって痛い。

入れ歯の印象は無圧が理想。無圧の印象材は石膏か寒天だ。

昔、私の父親が石膏で印象を取っているのを見た記憶がある。

自費の場合はダイナミック印象。

なお、フィットチェッカーはガスが出るため30分以上たってから石膏を流す。

 新小岩 早川歯科


葛飾区で審美歯科に関するご質問はお気軽に

審美歯科ご相談フォーム

審美歯科に関するご質問は下記フォームからお気軽にお問い合わせください。どのような内容にも分りやすくお答えします。1度来院されてお口の中を見せていただければ、より詳しいご説明もできますので、定期検診を兼ねてご相談ください。ご予約の際「審美のホームページ見た」とお伝えいただければスムーズにご案内できます。

お名前*

メールアドレス*

ご質問内容

ブログ監修:院長/早川 康明
運営サイト:入れ歯専門サイト
運営医院:歯科治療全般のことなら

診療時間/曜日
10:00~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

:土曜の午後診療は13:30~15:00となります
×:休診日は木・日・祝日です

医院マップ

〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1-44-3
TEL:03-3655-0301

▲ トップページに戻る