金属を使わない治療(メタルフリー)

金属を使わない治療。メタルフリーで歯茎を黒くしない

金属を使わない差し歯

金属を使わない差し歯

当院では金属を使わない土台、ファイバーコアをご用意しております。ファイバー(繊維)を用いて作られたコア(土台)は、金属と違いしなやかさがあるので歯茎に負担をかけない優しい素材です。金属を使用していないので光を通すセラミックの被せ物をしても、歯が黒ずんで見えることはありません。又、繊維素材ですので歯茎が黒ずむこともありません。

金属の土台

金属の土台

欠けた、折れた、治療で削って小さくなってしまった歯を差し歯にする場合、保険適用内で治療を行うと金属の土台を使用することになります。差し歯は歯茎に残っている歯に土台(支柱)を埋め込み、その上に歯を被せる治療法です。

黒ずみの原因は金属の使用

黒ずみの原因は金属の使用

差し歯の土台や被せ物の歯に金属を使用すると、歯の表面から透けて見える内側の金属が歯を黒ずんで見せる原因となります。被せ物には表面をセラミック、内側を金属で作成するメタルボンドという種類の被せ物があります。表面のセラミックは陶器でできているので、薄く自然の歯と近い色合いがでます。ですが光を通す性質があるので、内側にある金属が透けて歯が黒ずんで見えるというデメリットもあります。

歯茎も黒ずむ!?

歯茎も黒ずむ!?

差し歯の土台に金属を使用していると、溶け出した金属イオンが歯茎を黒ずませるメタルタトゥーになります。メタルタトゥーは歯茎に深くイオンが入り込むため、外科手術が必要となります。差し歯(被せ物)を使用する際、歯の残って状態により土台を埋め込む必要があります。銀の土台を使用することでメタルタトゥーになるため、当院では自費のファイバー素材の使用をお勧めしております。


新小岩の歯科「早川歯科医院」


▲ トップページに戻る