銀歯はイヤ!色々選べる白い詰め物

銀歯はイヤ!色々選べる白い詰め物

大きく口をあけて笑えない銀歯

大きく口をあけて笑えない銀歯

銀歯、気になりませんか?
保険治療で詰め物や被せ物をする際、使用できる材質に制限があります。保険治療は見たを良くすることが目的ではなく、食べ、話すことができるようにする機能を補助をするのが目的となるため、数年で変色するプラスチックや、大きく口をあけて笑えない銀歯を使用することしかできないのです。

保険の詰め物、被せ物

保険の詰め物、被せ物
保険の詰め物、被せ物

保険の被せ物は数年で黄色くなります

保険の被せ物は数年で黄色くなってきます

歯は日々の食事、飲物、喫煙などで着色します。天然の歯と保険の歯の着色は色が違います。天然の歯はある程度の着色は医院で行う専門のクリーニング、ホワイトニングで白くすることはできますが、保険の歯は着色すると白くすることができません。そのため数年で黄色くなってしまいます。

保険の詰め物 費用

完成までの回数 3回~4回(虫歯などの治療を含まない回数)
金額 ¥4,000前後(患者様の3割負担額)

自然な色合いセラミック

自然な色合いセラミック(e-max)

保険の歯ではなく自然に見えるセラミックもご用意しています。セラミックは陶器を使用した被せ物です。透明感があるのでご自分の歯と同じように見え、被せ物をしていることに気付かないほどです。セラミックは汚れがつきにくいので、ケアをしっかり行うことで長年白い美しい状態を維持することができます。セラミックと同じように自然な色合いで強度のあるe-maxもございます。


新小岩の歯科「早川歯科医院」


▲ トップページに戻る